雇用保険

失業保険を簡単に満期まで受け取る方法と手順

失業保険を受け取るまでの流れ

1.離職

退職後、「雇用保険被保険者離職票-1、2」を受け取っておきます。

2.受給資格決定の手続き

手続きの場所 お住まいの管轄のハローワーク
持ち物

・雇用保険被保険者離職票-1、2

・個人番号が確認できる書類1点

(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバー記載の住民票のいずれか)

・身分証明書(運転免許証、パスポートなど)

・写真 2枚(最近撮影した写真、正面上半身、縦3cm × 横2.5cm)

・印鑑

・キャッシュカード(または預金通帳)

雇用保険の有効期限 退職後1年間

 

ハローワークに行っても、すぐに失業給付の手続きができるわけではありません。

行ったらまず、「求職の申し込み」を行う必要があります。

手続き終了後、「雇用保険受給資格者のしおり」が渡されます。

 

↓こういうやつ。

 

3.雇用保険説明会への参加

指定された日時に指定された場所へ必ず出席しましょう。

受給資格決定手続きの時に受け取った「雇用保険受給資格者のしおり」と印鑑、筆記用具を忘れずに持っていきましょう。

説明会の所要時間は2時間程度です。飲み物も持参しておくと良いです。

ここで「雇用保険受給資格者証」、「失業認定申告書」が渡されます。

 

↓これが「雇用保険受給資格者証」

 

↓これが「失業認定申告書」

 

4.失業の認定

失業状態であるかどうかの確認を基本4週間に1回行います。

「失業認定申告書」に求職活動の状況や就労・内職の有無などを記入し、「雇用保険受給資格者証」と共に失業認定の窓口へ提出します。

 

提出するときは、失業認定申告書を記入欄が見えるように半分に折り、それを挟み込むように雇用保険受給資格者証を折って提出します。(写真が貼ってある方を内側にしてください。)

特にクリップなどは必要ありません。

※この折り方は失業認定窓口の職員に指示されたものです。

 

超簡単な求職活動方法とその手順

ハローワークに置いてある専用端末で求人検索を行うだけです。

初回は、「雇用保険説明会への参加」が求職活動1回分にカウントされるので、

失業認定日までに指定された回数分、以下の手順を行ってください。

 

1.ハローワークの総合受付で「求人検索したいんですが」と伝える。

 ハローワークに行く時はハローワークカードを常に持っておきましょう。

 求人検索機利用の際に必要になります。

 

2.指定された番号の専用端末の席で検索を行う。

 専用端末を使える時間は30分です。興味のある求人情報があれば印刷も簡単にできます。  

 

3.時間になったら番号札を返す。

 利用できる残り時間が少なくなると専用端末の画面に「残り○分前です」等と表示されます。時間になったら速やかに帰れるよう支度を済ませましょう。

 

4.アンケート用紙に記入する。

 アンケートの場所が分からなければ番号札を返す際に「アンケートを記入したいのですが」と伝えましょう。アンケートは難しく考えず、「今後の参考にする」、印刷したのであれば「持ち帰って検討する」など無難なものを選択または記載すれば問題ないです。

 

5.資格者証とアンケートを一緒に渡し、資格者証に判子をもらう。

 資格者証とアンケートを一緒に渡すと、資格者証裏面に判子をもらえます。これで求職活動の1回分が終了します。非常に簡単ですね。

 

また、失業の認定でハローワークに行った日は、次の求職活動の初日になります。失業認定手続きのついでに求職活動1回分消化して帰りましょう。

月2回の求職活動が必要になりますが、このテクニックを使えば求職活動のためだけにハローワークに行く回数が月1回で済みます。

 

 

おすすめ記事

-雇用保険
-, , , ,