ファッション 豆知識・節約術

着なくなった洋服の3つの活用法

着なくなった洋服、そのまま捨ててしまっていませんか?

捨てずに有効活用できるテクニックがあるので是非参考にしてみてください。

リメイクして使う

まずは、着なくなった洋服をリメイクして、また新しいデザインにして着るという方法です。

これは縫物が好きな方におすすめの方法です。

穴が開いて着なくなったジーパンやチノパンをミニスカートにリメイクして着たり、汗染みが出来て着なくなったカットソーをタンクトップやベアトップにリメイクして着ると良いと思います♪

それから家に閉まっておいて古くなって着なくなった着物を、和風な柄の巾着やバッグやクッションカバーやシュシュにリメイクすると可愛いですしお洒落なものに仕上がります。

着なくなった服は、ブランドものですとリサイクルショップで少しは高く売れますが、ノーブランドのものですと数十円とか100円くらいでしか売れません。

ですので、穴が開いてしまった部分や汚れてしまった部分を切って自分なりにリメイクして着ると良いと思います♪

洋服代の節約にもなりますよ(´-`*)

 

掃除で使う

それから着なくなった洋服をぞうきんとして掃除に使う方法です。

これは特に綿素材の洋服がおすすめです。

綿素材の生地ですと水分の吸収率が良いので、ぞうきんとして使いやすいんです。

カットソーやズボン、パジャマやタオルなどのもう着なくなったもの、使わなくなったものを適当な大きさにハサミでカットして縫って雑巾にします。

使い終わったぞうきんは洗って再利用してもいいですし、汚れがひどければそのまま燃えるゴミとして捨ててしまっても問題ありません。

また、ポリエステルやナイロンなど化学繊維のものは水分の吸収率が悪いので、濡らさずホコリの汚れを掃除する時に使うと良いです。
 

ナプキンとして使う

あと、女性の方におすすめの生理用の使い捨て布ナプキンとして使う方法です。

この場合も綿素材のカットソーやTシャツなどを切って作ったほうが、経血の吸収が良いナプキンになります。

布ナプキンというのは市販のものだとかなりお値段が高いですし、洗うのも結構大変です。

なので、着なくなった洋服を使って使い捨て出来る布ナプキンを作ったほうが経済的にも良いですし、肌にも優しいので是非オススメしたいです。

 

このように着なくなった洋服は様々な使い道がありますので、ぜひ捨てずに活用して節約に役立ててください。

おすすめ記事

-ファッション, 豆知識・節約術