豆知識・節約術

大事な本、劣化させていませんか?黄ばませないテクニック

漫画や小説の本の紙は、いつのまにか黄色くなっていることがあります。これは本が空気に触れて酸化したり、太陽や蛍光灯の紫外線を受けることで起きています。

本の劣化を防ぐ方法にはどんなものがあるか、考えてみましょう。

酸化する本、しない本

本によってはすぐに酸化して黄ばんでしまう通常の紙と、酸化しない材質で作られた紙を用いたものがあります。

手元にある文庫本の中で、昔買ったのにいまだに白いままのものは、紫外線を浴びてないか、酸化しにくい紙が使用されています。

 

クリアケースを利用しよう

本の劣化を防ぐ方法としてはブックカバーですが、従来のような本の表面だけを汚さないものは、本の中身の紙を保護する目的は達成できませんでした。

カバーではなく、本を一冊づつ隙間なく包み込むことのできるプラスチック製のクリアケースが最適です。

これを採用することによって、本が空気に当たることを極力さけることが可能です。

ブックケースは文庫本のサイズ、大きめのサイズなど種類が豊富です。お持ちの本にあったものがネット通販ショップなどで見つかります。

ケースをつけたままでも、クリアケースなので安心して本の題名を外側から読み取れます。また、本のホコリ防止にも効果があります。

 

収納ボックスを使おう

自室の本棚を利用している場合、そのまま本をしまうと酸化していく上にホコリもたまって劣化する一方です。

本を保護する方法として、本を収納ボックスに入れてから本棚に入れるという方法があります。

このやり方であれば、本棚に入れておきながら空気や紫外線から本を守ることが出来ます。

特に普段はまったく読まずにただ本棚に置いてあるだけということでしたら、この方法を使って本を守ってあげると良いでしょう。

 

まとめ

購入した漫画や小説などの本は、買取ショップに売却できることはご存知かと思います。

また、宅配買取サービスという自宅に居ながらにして本を売ることもできます。

ただ、本が黄ばんでいたり汚れているとマイナス査定となり、安値でしか買い取ってもらえません。

将来的に売却することを考えて本を購入しているのであれば、ブックケースや収納ボックスを利用して綺麗に保存しておくことをおすすめします。

おすすめ記事

-豆知識・節約術