悩み・相談 掃除

たばこを吸っていたときの部屋の汚れがずっと取れずにいたけど…

以前、タバコを吸っていました。

それはもう、毎日ひと箱以上スパスパと。

当然部屋はヤニだらけで壁や天井は黄ばみがひどかったです。

その時も、多少の黄ばみは掃除していたんですが、壁にだんだん染みたように残りだしてそれが専用の液体でも取れなくなっていたんです。

完全にあきらめていたんですけど、どうやってもヤニの茶色が取れずにいたところに、あるものが飛び散ってかかったことがあって、しばらくしたら、そこだけ白くなったんです。

元の壁の模様はそのままで、色落ちもなく(板にコーティング加工してあるもの)、ヤニだけがきれいに取れました。

 

飛び散ったあるものとは「泡ハイター」です。

素材にもよりますが、泡ハイターでヤニの黄ばみが落ちるんですね。
特に天井の近くの壁が茶色くなってて、そこが見事に元通りになりました。 
今はほとんどわからない状態です!
とてもうれしかったです!!
試しに別の部屋でもやってみました。
そしたら、独特の嫌なにおいも消えて、とても快適になりました。

あと、塩素系の物は人間のアルカリ汚れに(酸性だから)強くて、よく落ちるんです。
科学的に、酸性なら重曹のようなアルカリで落とし、アルカリなら酸性で落とす、ということです。

それから泡ハイターをスプレーした場合は、しばらくおいてから雑巾で水拭きしたほうがいいです。

また、換気をしっかり行いましょう。

泡ハイターでの掃除後は、水拭きをした方が安全です。天井のような手の届かない所にはクイックルワイパーのような長い棒を利用しましょう。

普段から掃除を行っておくと、見えない雑菌で困ることもなく、ダニやノロウイルスなどに怯える心配もなくなります。
 目に見えないものは本当に怖いです。
 空気感染のインフルエンザやSARS、ノロウイルス、ロタウイルス、全部目に見えないものです。

いつもきれいにすることを心がけましょう。

おすすめ記事

-悩み・相談, 掃除