掃除

キッチンのしつこい油汚れで困ったら○○を使って解決

キッチンの壁、ステンレス、タイルなど、いつの間にか黄ばんでいることがあります。これは当然油汚れですが、あまり放置しているとホコリと混ざってこびりついて落ちにくくなりますよね。
濡れ拭きをすると油が広がって落ちにくくなります。洗剤を使用してみてもうまく落ちないこともあり、洗剤の泡を除去することも厄介で、困ったことばかりです。

そこでしつこい油汚れには重曹を用います。重曹は落ちにくい油汚れも簡単に落ちてしまうのでびっくりです。洗浄用でも調理用でも問題なく使えます。
油汚れがかんたんに落ちる理由は、酸性の油汚れを重曹との化学反応で分解することができるからです。

重曹の使い方は2種類あって、油汚れの部分を濡らして振りかける方法と、重曹水を入れたスプレーで吹きかけて利用する方法です。
油放っておくとベタベタにこびりついてしまいますが、重曹によって綺麗によみがえらせる事ができます。基本的に水平になっている場所のしつこい油の汚れは、重曹振りかけ方式でかなり落とすことが出来ます。壁など垂直になっているような場所なら、重曹スプレーで汚れを落とします。

気をつけるべきなのは、重曹スプレーを使うと油汚れがすぐに滴り落ちてくるので、床などがびしょびしょになってしまうことです。新聞紙を敷いたりいらない布を敷き詰めてから行いましょう。

また、重曹はカビには効き目が弱いようなので、カビ汚れには塩素系の洗剤などを併用していくことによって解決することができました。また、重曹水をスプレーした後そうですが、窓を開けてよく換気させておくことが大事です。

しつこい油汚れを簡単に落とすことができる重曹は手頃なお値段で手に入るので是非一度お試しください。

おすすめ記事

-掃除