グルメ・食品

毎日外食が多かった。しかしあることをするだけで食生活は変えられる。

私は毎日夜遅くまで外で働いていて、なかなか家で料理をするような時間も作れず外食中心の生活でした。家に帰ってもまだ仕事があるようなときにおなかが減ると、わざわざ深夜に外食チェーンまで行って食べるようなことをしていました。

ある時、上司から「子育てまであるような人は、一回ずつ料理を作るわけにはいかないから、作るときにはすごくたくさん作って、最初に小分けして冷凍庫で保管するんだよ」と言われました。その言葉がきっかけとなりそれ以来、その時の分量だけでなく、わざとものすごい量を作り、小分けして冷凍庫に保管するようになりました。

ハンバーグも、煮物もシチューも何もかもです。
ご飯もたくさん炊いて、レンジでチンしたらすぐに食べられるような容器に入れて保管しています。

食生活を変えてからは、偏った外食で栄養バランスがとても悪かったのが改善され、それと共にお金もだいぶん浮くようになりました。

全然違います。

しかも一度作るときにたくさんおかずを増やしておくと、おかずの種類がどんどん増えるので、定食屋さんでいい物をたっぷり食べたときくらいの色んな料理が食べられるんです。
それからはすごく楽しく食事が出来るようになりました。

今ではいつも何か食べる物がある状態です。
それは心の豊かさに通じます。

冷蔵庫の中に、開けたらたらふくおかずがあるのと、まるっきり一から全部作るのとでは大違いですよ。
気分的に違います。突然、誰かが来ても出す物があるし、自分もあわてて作らなくてもいいわけだし。

振り返ってみると、今まで料理は細かいことをやって手間暇かけて時間もかかるので長続きしませんでした。
特に若いときには、勉強もしなくちゃいけないし、稼ぐこともいっぱいやらないといけないから、いちいちそんな料理のことまでは時間があてられない!というのがありました。しかし今はそんなに時間をかけなくても一品料理を作る程度なので時間もそんなにかけずに済んでいます。

それからは食生活に対して悩みがなくなりました。

さらに外食から自分で作るようになって、体も健康になりました。自分で作る分には塩分の濃度から砂糖の加減まで、分量も調整できますし。
外では飲料一つとっても、缶コーヒーなら缶コーヒーで、それ一本で、もう一日分の糖分を軽くオーバーしてしまいます。
スポーツ飲料もポカリスエットでさえも簡単に一日分の摂取量を軽くオーバーします。
栄養士さんに言わせれば、ご飯や麺、パンなどの炭水化物、それからおかずに入れる砂糖で一日分はクリアしてしまう(一日20g)そうです。ですのでそれ以上は必要ありません。

飲み物も自分で作る方がカロリーや糖分、塩分をコントロールしやすいです。
たくさん運動したり勉強したりする人以外は、外の飲み物はお茶や水以外なるべくとらない方が無難です。

自炊して健康管理しっかり行って楽しい毎日を過ごしましょう!

おすすめ記事

-グルメ・食品