悩み・相談

職場の人間関係で悩んでいたときにあることを実践したら打開できた方法

 私は今まで職場の人間関係で上手くいかない事が多く、一時は精神的に不安定な状態に陥ったのです。具体的には同僚が自分の質問にきちんと答えてくれない、私の姿を見ると多くの人が避けようとする等です。最初は理由が分からず全てを同僚のせいにしていましたが、ある事をきっかけに自分の間違いに気づいたのです。

ある日、私は同僚と言い争いになりました。自分が「少しお願いしたい事があります」と言ったところ同僚がとても嫌な顔をしたためです。そこで同僚から「あなたが常に偉そうな態度で人が忙しい事も考えずに言って来るからです」と自分では思ってもいない事を言われたのです。

しばらくの間私はその場に立ちつくし呆然としました。そして帰宅後母親に相談したところ「人に何かをお願いするなら人に好かれる人になりなさい」、「好かれるためには自分がまずその人の良い所を見つけて好きになる事」と助言を受けたのです。

それからは少しずつ同僚に謙虚な姿勢で接し、相手の良い所を見つける努力を続ける事にしたのです。
まずは言い争いをした同僚に謝罪し態度を改める事を伝えました。そして同僚の仕事を積極的に手伝い、お願いがある時は低姿勢で感謝の心を持って接するようにしたのです。さらに同僚の良い所を見つけるために「イライラしているのは仕事を一生懸命しているから」とか「厳しく接してくるのは自分の足りない所を指摘してくれる貴重な存在」と気持ちを切り替える事にしたのです。決してマイナスな言葉は使わずにポジティブに捉える事を意識して仕事に取り組んでいたのです。

すると最初は「どうせ無理してるんでしょ」等の不信感を持っていた同僚も少しずつ心を開いて一緒に食事に行くまでになったのです。話してみると共通の趣味があったり、仕事に対する思いも同じで意外と気が合う人だと分かりました。そして自然と職場環境も人間関係も良くなり仕事に行く事が楽しみになったのです。

職場の人間関係が上手くいかないと悩んでいる人は多いと思います。確かに相手に非がある部分もあるかもしれません。しかし冷静に考えて自分に悪い部分はないか考えてみる事は重要です。人に何かをお願いしたり教えてもらう機会も仕事では多いですから、人間関係を良好に保つ努力は社会人として大切なのです。それが取引先や顧客といった様々な人との関わりにもつながっていきます。私は自分の間違いを認め、相手を思いやる事で良好な人間関係を手に入れたのです。

これは多くの人が簡単にできる人間関係の悩み解決法です。

おすすめ記事

-悩み・相談