出産・子育て 悩み・相談

子育て最後にママ友とまさかのトラブル!はっきり伝えた結果

高校生の息子がおります。
子供が小さい頃から通っていた習い事、幼稚園時代、小中学校、部活と、沢山沢山のママ友さん達との出会いがありました。
よく幼稚園や子供が小学校の低学年時のママ友との関係は大変な事もあるよ~と、姉や先輩ママから聞いていましたが、私は幼稚園の時のママ友とも小学校の時のママ友とも未だに仲良くしていますし、当時も嫌な経験や嫌なママさんに出会った事は一度もありませんでしたので、ママ友とのトラブルも無縁でした。

姉や学生時代からの気を許せる友人からは度々、ママ友とのトラブルの相談をされていましたが、どこか他人事でいた私でした。

私は毎回、本当にママ友とのトラブルはなかったな~ラッキだな~と感謝している中、息子が高校生になりました。

周りの人からも高校や大学ではさすがにママ友との付き合いはなくなるし、子育てもいよいよラストスパート!本当に楽だね・・・と、当時、小中学生の子のママをしている友人から言われていました。

それが、まさかの事態になるなんてその頃は夢にも思っていませんでした。

私が人生初のママ友との言で悩みを感じたのは息子が高校生になって間もなくの事でした。
息子は小学生の頃から野球をしているのですが、高校はスポーツ推薦という形で高校野球の名門高校へ進学をしました。
寮と自宅と選べるのですが、我が子は寮に入りました。

そこの高校の野球部は親の出番が結構ありまして、息子の様子を見る事も兼ねて、野球に父兄の行事も度々参加していました。
先輩後輩もかなりあるチームでしたので、親達の中にも一応しきたりみたいなものがありまして、先輩やレギュラークラスが優待されるという感じでした。

最初は新人だった息子も夏が終わって三年生が引退されると、レギュラーとして活躍し始めました。
私の出番も益々多くなりなりまして、練習試合もは硬式戦は必ず父兄の応援がありました(レギュラーの子は必ず行く流です)

段々と父兄会も親しくなっていく中、一つ上の先輩ママさんが私に対して凄く執着をしてきたのです。
最初はメルアドや番号交換から、度々ランチに誘われて(家が同じ地域だった事も声をかけたらえた原因)挙句はきなり自宅へも尋ねてくるようになりました。

チームの愚痴や下級生のママさんの愚痴や、選手批判などをよくする人でしたが、野球の話やチームに話は絶対に同じチームの人とはするなかれ!のルールが私の中ではあったので、そんな話を毎回される事も苦痛になりました。

しかし、彼女の誘いは更にエスカレートしてチームの遠征(泊りの練習試合や合宿など)のお誘いも頻繁になり、夫が同行できない時は彼女と2人の行動が多くなり、他の父母の方とも少し距離があることを感じてきました(チームで彼女は浮いていた存在でしたので)

急にメールや着信拒否をするわけにもいかず、ランチや遠征も全く断ることはどうか?と悩みました。
しかし、ちょっと私に対する執着心が怖くなり、同じ学年のママさん(信頼出来る方)に相談をしました。

彼女は親身に相談に乗ってくれて、あまり彼女の評判がチーム内でも良くないことをそっと教えてくれました。
それと嫌なことは嫌だとはっきり言っても、子供同士のいじめなどに発展する年齢でないから大丈夫ではと言われました。

アドバイスを受けた後はすっと楽になりまして、ランチや遠征ははっきり断るようにして、チームの批判などの話題が出た時は、私はそうは思わないとはっきり伝える事にしました。

彼女も私と一緒にいる事に楽しさを感じなくなったのか?それから全くメールも電話もお誘いもなくなり、一つ上の先輩は引退していったので、お付き合いは全く無くなりました。

当時はとっても悩みましたが、解決して本当にほっとしました。

子育て最後で思わぬ経験をした体験談でした。何かの参考になれば幸いです。

おすすめ記事

-出産・子育て, 悩み・相談