掃除

掃除嫌いの私が道具や考え方を変えて解決した3つのポイント

私が悩んでいたのは、掃除が嫌いという事です。
掃除が嫌いというのは、掃除をすることが面倒と思っているのです。
面倒なので、できるだけしたくないと感じていました。
しかし、掃除をしないことによって、ストレスが溜まっていたのです。
自宅に帰宅した時、部屋が汚れていると、とてもテンションが下がります。
そんな毎日を繰り返していたとき、自分でも面倒に感じず掃除ができる方法を閃いたのです。
それは掃除道具を活用することと、掃除方法を変えると言うことです。
その結果、掃除をすることが辛いと思わなくなったので、そのことについてご紹介します。

掃除道具を使い捨てにする

まず一つ目は、「掃除道具は使い捨てできるものを活用する」と言うことです。
トイレを掃除する時、使い捨てのシートを使用しています。
またキッチンも同じように、汚れた時に直ぐにふいて捨てるシートを使用することにしています。
また床の掃除も、掃除機を使用するのではなく、使い捨てのシートを使用するようにしました。
すると、後片付けが簡単になったことで、掃除をすると言うストレスをなくす事ができました。

 

すぐに掃除道具が使える場所に置く

掃除をする時、その時にすぐに道具が使えるようにしておく事がポイントです。
私の場合は、一階と二階にそれぞれ掃除道具をおくことにしました。
そうしておくことで二階で汚れに気付いたときにすぐに掃除を行う事ができます。
掃除道具がその場にないと、ついつい後で掃除をしようと思い、結局そのままにしてしまうなんてことがよくあります。
一階から二階にものを運ぶと言う手間を省いた結果、掃除をとても楽に行えるようになりました。

 

ちょっとの時間を利用する

掃除をしなければならないと思うと、いやになってしまいます。
ですので、ちょっとした時間にこまめに掃除をすることにしています。
汚れていると思った時にすぐ掃除をすることが一番ですね。
その時にすることによって、汚れがひどくならないからです。
特にそのことを、キッチンで感じています。
キッチンでは、油の飛び跳ねなどを後からしようと思った時、汚れがこびりついてしまい落とすのが大変になるからです。

それからは気づいた時にすぐに実施をする、これが基本であると考えるようになりました。

掃除が嫌いだった私でも、上記の方法でストレスを感じず出来るようになりました。
汚れは発見した時にすぐ掃除をするように心がけましょう!

おすすめ記事

-掃除