悩み・相談 掃除

断捨離できない祖母に抱えていた悩みを解決した4つの方法

私の祖母は、一人暮らしをしています。
そしてそのように元気でいることを、とても嬉しく思っています。
しかし、ひとつ問題があったのです。
その問題というのは、片付けができないということです。
ものにあふれているにも関わらず、片付けることをしないので本当に困っていました。
それから試行錯誤を重ねた末、祖母の断捨離問題をようやく解決出来たので、その4つの解決方法についてご紹介します。

一緒に片付ける

片付いていないと祖母に伝えても、その片付ける体力がないことがわかりました。そのため、少しづつ行くたびに、一緒に片付けることにしています。
少しづつ行うということが、こつとなっています。
それは一気に行おうとすると、反発を受けてしまうからです。
祖母としては、いつかは使うかも知れないと言う、ものを大切にしたいという気持ちがあるのです。
そのため、捨てることを一気にしてしまうと、嫌な想いをさせてしまうことになります。
そのことから、行くたびに少しづつ場所を変えて、処分をするようにしています。

 

処分をするときに思い出を語る

そのものを捨てたいと思った時、そのまま捨てることを祖母に話をしたとしても、納得をさせることができません。
そのため、そのものの思い出を話すことにしています。
すると話すことによって、気持ちを冷静にすることができるのです。
祖母の気持ちの中で話をすることによって、不要なものということで区切りを付けることができます。
話をしながら思い出の品について処分をすることは、とても大切なことであると思っています。

 

休みながら行う

一気にしようとすると、祖母が疲れてしまい、疲れたら不満を出すようになります。
そのため、片付けを行うときには、休みながら行うことが大切です。
休みをするときに、片付けを行うことができる祖母について、褒めることも大切です。
そのようにすることができる祖母を褒めることによって、祖母の気持ちの中で、気持ちよく片付けができると、思うようになっていると感じます。

 

嫌な顔をしない

片付けをしていると、本当に汚れているモノなどを発見することがあります。
そんな時、つい嫌な顔をしがちです。
しかし、その時に嫌な顔をしてしまうと、祖母に対して、とてもつらい気持ちを持たしてしまうことになります。
そのため、嫌な顔をすることは禁止です。

 

祖母と一緒に片付けを行う中で、納得をさせることは大変です。
しかし、祖母が納得できる形で行うことによって、断捨離を成功させることができるようになります。

おすすめ記事

-悩み・相談, 掃除