美容・健康

素顔は見せられない程の肌の悩みを、丁寧なお手入れで解決

生まれつき肌がキレイな人は、本当に羨ましいですね。特にお手入れしなくても何時もツヤツヤです。若い頃から肌に悩みがあった私は、素肌がキレイな友人が羨ましく、自分はどうしてこのような肌なのかと、人知れずコンプレックスを抱えて過ごしていました。素顔など決して人に見せられない状態だったのです。しかし現在は、素顔でも歩けるほどに改善しましたので、同様の悩みがある人の参考になればと、その体験談をご紹介します。

私の肌の悩みが始まったのは、思春期のニキビでした。中学から高校に掛けて顔のニキビが酷く、常にニキビがある状態が普通だったのです。赤く腫れあがるため、かなり目立ち、ひとつ治ってもすぐに別のニキビができてしまいます。専用のクリームも、学校生活やクラブ活動を行う中では、充分な対処は不可能です。ニキビを治そうと手でつぶすことも度々で、良くないと分かっていても止められませんでした。

20代になると思春期のニキビは概ね治まったのですが、肌の状態はトラブル続き。素顔を見るとニキビ跡による毛穴の開きが目立ち、ごつごつした肌です。ニキビもできやすく、赤い部分も多々ありました。人に素顔を見せられる状態ではなく、お化粧で何とか隠すような日々を送っていたのです。しかし当然お化粧のノリが悪く、ナチュラルメイクとはほど遠い状態でした。

毛穴が開いた状態は、様々な肌トラブルの原因になります。夏には脂浮きがひどく、メイクをしても時間が経つとギラギラ状態に。化粧もすぐに崩れてしまい、これも大きな悩みでした。また季節の変わり目には、肌荒れもありました。乾燥する季節には必ず肌がカサカサになり、皮膚の表面がめくれてきました。私のような肌は、いわゆる混合肌と言う状態で、美容にうとかった私にはお手上げ状態だったのです。「脂浮きしやすいから油分の多い化粧品は控えなくては・・でも、乾燥しやすい部分もある・・どうすればいいの!?」と言った具合です。色々な化粧品をアレコレ試してみましたが大きな効果は無く、そのため肌改善することを、ほぼ諦めていました。

今思えば、何故改善できなかったのかがよく分かります。その原因は、肌に対する知識があまりにも無かったことと、スキンケアやメイクに関してトータルで考えていなかったからです。スキンケアをしっかり考えるようになったきっかけは、ご近所に化粧品の販売店ができたことでした。某有名化粧品の、サロン兼事務所ができ、知り合いの人がいたため通うことになりました。そこで肌の知識がかなり深まり、お手入れについてもトータルで考える様になりました。当然、高額な化粧品であるため、続けることは叶いませんでしたが、そこで得た知識が大変役立ちました。

私のように根本的な肌改善が必要なケースでは、美容液やクリームを一つ揃えても、肌の改善を期待するのは難しいという事です。肌の知識で役立ったのが、肌のターンオーバーについてです。ニキビ跡が原因で毛穴が開いて固くなった肌はトラブル状態にあり、肌のターンオーバー機能が損なわれている状態です。そこで、それを促してあげるために適度にマッサージやパックやピーリングを行い、古い角質を取り除いてあげると、肌の再生に役立つと分かりました。また、毎日の洗顔の方法も大いに反省しました。無精な性格が災いし、しっかり泡立てることを怠っていました。クリームの様な泡で洗顔した場合と今までの洗い方とを比較すると、肌のくすみや触った状態が全く違う事も発見しました。

さらに、肌には適度な水分と油分の補給が必要なこと、乾燥の季節はクリームや乳液で水分を逃がさない保湿が大切だと分かりました。そこで、無理のない価格のスキンケア商品をラインで揃え、毎日丁寧にお手入れするようにしました。以前はライン使いを意識しておらず、時々で気になるものを選んでいたのです。水分、油分、保湿と、全て補う事が大切なのですね。ファンデーションを、肌に優しいミネラルのものに変えた事も、肌にとって良かったようです。

このように肌の知識を正しく知って、丁寧にお手入れを行えば肌改善が可能だと実体験で分かりました。ネットなどで調べれば、肌の知識やお手入れの方法は簡単に分かります。それを知れば、自ずと必要なお手入れなども見えてきますよ。

おすすめ記事

-美容・健康