成功哲学

今日出来る事だけを考えて、今日は、それだけをやりましょう。

あなたの心の悩みは誰が作っていると思いますか。

世の中でしょうか、会社、学校、友人、家族、恋人、それらが本当の原因でしょうか。違うと思います。

あなたの悩みはあなたが作っているのです。

毎日、毎日、自分で自分の食事の支度をするように、毎日、ほんの小さなことから大きなものまで、実に几帳面に自分で悩みを探してくるのです。それは大変なエネルギーですよ。

たいした悩みでもないものでも、自分で料理して悩みにしてしまうのですよ。

自分は悩み製造の天才だと思ってもいいくらいです。

心の悩みは自分の心が作ってしまうと考えてください。

自分で作った悩みですから、それは強力です、手ごわいです。

あなたの日常生活の中の心なんか簡単に負けてしまいますよ。毎日の生活の中で活動している心は、一日をどのように暮らすかぐらいしか力がありません。

悩みは、スケールが大きいのです。一週間、一か月、数年という単位であなたを責めてくるのです。普通の人ならみんな負けてしまいます。

その大きな悩みは、ほとんど正しくて希望に満ちていて理想に近いものでしょう。

その重圧に負けてしまうと悩みが繁殖してしまいます。

小さな自分が大きな目標を持ったら、誰だって辛くなります。当たり前の話です。

野球のイチロー選手の話をします。あの偉大なヒーローの話だから、自分とは比べられないと考えないでください。彼は絶対に遠い先の事は考えないそうです。遠い先とは素晴らしい目標だったりします。

彼ほどの選手でも、その目標に押しつぶされる自分の姿が見えるのだそうです。イチローの凄いところは、これから先のことです。

彼は、その日一日の事だけしか考えないそうです。つまり、次の打席の事しか考えないのです。一年終わって、首位打者を取ろうとは考えないのです。それはプレッシャーの意味しかないからです。

シーズンが始まる前に考えるのは自由です。でも、一時間先、一秒先の事しか頭に浮かべないそうです。これなら悩む時間がありませんよね。

とりあえず、今日は一日何をすればいいか、それだけを考えましょう。明日は明日でいいのです。未来の自分の姿なんか浮かべないでくださいね。

それと、心は必ず体と関連があります。別々の生き物ではないのです。体の状態が心に影響します。その逆もあります。

心が悩んでいる時は、体に助けて貰いましょう。力になってくれるはずです。

作家の村上春樹さんの話をします。彼は執筆に入ると、必ず5時に起床してマラソンをするそうです。体を動かすことが頭を働かせる為の準備運動になるのだそうです。それから軽く食事をして原稿を書き始めるのだそうです。

これだけ心は体に影響されているのです。悩んだ時、思い切って体を動かしてください。何でもいいのです。縄跳び、公園で一人でサッカー、ゴルフのスイングでもいいでしょう。

頭の中の血液に運動という刺激を与えてみます。

最初はなかなか続きません。でも、頭を切り替えて悩みを運動で忘れるのです。本当にスッキリと頭の中が整理できますよ。

まず、この二つを試してください。今日の事だけを考える、運動で心をきれいに洗う。

そんな簡単な問題じゃないんだよ。あなたは言うかも知れません。私も信用しませんでした。私は抗うつ剤とか睡眠導入剤なんかも飲んでいましたから、完全に薬に依存していました。

医師が普通の生活にストップをかけない限り、なるべく薬は手元に置かないように。医師が必要になったら、友人や家族が助けてくれるはずです。その時は周りの人の助けにすがっていいのです。

無理はしないようにしましょう。

悩みの渦に巻き込まれない為には、悩みが小さいうちに自分で気が付く事です。悩みを自分で大きくしない事。凄く大切な心構えだと思います。

イチローのように、その日の事だけを考えていると、一年経つと凄い記録が出来たりするのです。

記録なんか作らなくても構いません。平凡に生きてもいいのではないでしょうか。

あまり気張らないでください。それが悩みの種になりますからね。

おすすめ記事

-成功哲学