スマホ パソコン

iPhoneが動かない?PCにつないで自分で直す

今や世界中で多くの人が使用しているApple社のスマートフォンであるiPhoneですが長く使っていると突然の不具合に見舞われることもあります。

私も長年スマートフォンはiPhoneを使用しているのですが過去に突然電源を入れてもりんごマークまでしか起動がしなくなりどうしようもなくなったことがあります。そんな時頼りになったのがPCです。

ついさっきまで普通に使えていたiPhoneが突然電源が切れて起動すらしなくなり私はどうすれば良いのか途方に暮れていました。そこでパソコンでまず同じような症状が出た人はいないのかを検索します。

するとやはり世界で大人気のiPhoneということだけあって多くの人が私と同じような症状に合っていました。

そしてネットにはその解決方法もたくさん載っています。

どうやらiPhoneが起動しなくなる症状はソフトウェアの内部的な問題か、衝撃を与えたことや水没などによる外部的な問題かの2通りになるようでした。

落としたりぶつけたりなどのことは私は全く身に覚えがなかったので内部的な問題だということは想像がつきました。

幸い外部的な問題ではなく内部的な問題であればパソコンにつないで復旧作業ができるとのことでした。

逆に外部的な問題でiPhoneが起動しなくなった場合は自分で対処することができないので新品に交換や新しいものに買い替えるしか手はないということでした。

まずは自分のiPhoneがどうして起動しなくなったのか原因を突き止めることができた私はネットに書いてあるようにパソコンにつないで復旧作業を行いました。

しかしここで新たな問題が出てきます。iPhoneをお使いの方でしたらご存知の人が多いと思いますが一般的にiPhoneとパソコンをケーブルで繋ぐとパソコン側でiPhoneを認識しiPhoneは充電がされます。

しかし私のiPhoneはパソコンにつないでもパソコン側でも全く認識しないのです。

やはり自分で治すことができないのかと諦めかけていたのですがネットで検索してみるとある方法でパソコンにiPhoneを認識させることができるようでした。

その方法がiPhoneをDFUモードにしてパソコンにつなぎパソコンを使ってiPhoneを初期化、復元するというものです。

DFUモードとはiPhoneを完全に初期化するときに使うものでこれを使って初期化するともちろんiPhone内のデータは完全に消えてしまいます。

しかし私はマメにパソコンにバックアップを取っていたので安心でした。

DFUモードにiPhoneを入れるためには以下の手順を踏みます。

1パソコンとiPhoneを繋ぐ

2スリープボタンとホームボタンを10秒間同時に長押しする

3スリープボタンだけを離しホームボタンは押したままにする

これらを行うとパソコン上でiTunesが起動しリカバリーモードのiPhoneを見つけましたとのメッッセージが出ます。このメッセージが出ればうまくDFUモードに入ったということになります。

私も今までパソコンにつないでも認識しなかったiPhoneがこの手順でしっかりと認識してくれました。

あとは復元を行いパソコンのバックアップをインストールすれば元通りです。

私のiPhoneも以前のリンゴマークから起動がしない状況からいつも通りに起動するようになりました。その後は不具合もなく今でも普通に使うことができています。

一体原因はなんだったのか気にはなりますが今は普通に使えていますので問題ないです。スマートフォンの普及によりパソコンは必要ないと言われていますがスマホが使えなくなった時に原因や対処方法を調べるのもパソコンがないといけないですし今回はパソコンを使って自分でiPhoneを直すことができました。

困った時に助けてくれるパソコンはやはり必需品ですね。

おすすめ記事

-スマホ, パソコン