パソコン

トラブル発生時はまずネット検索してみましょう。

PCを使用していて困ったこととその解決法とのことですが、今使っているPCについて書きたいと思います。

その前に私のPCの使用変歴ですが、個人所有のPCはずっとノートPCを使っています。(初PCはWindows98からです。)まぁ、理由としては主に使うのは家の中ですが、移動出来るのが一番の理由です。最初の頃はモバイル環境などなかったですが、LANケーブルを引き連れて一緒に移動させて、食卓などでも使っていました。

今のPCはそのノートPC変歴の4代目(OSはWindows98→Windows2000→WindowsXP→Windows7の順で買い替えています。)でWindows7にしたのは世間的にちょっと話題になったWindowsXPのサポートが終了してしまう間際にネット通販の中古ショップで探しました。個人的には会社でも一日中PCを使った仕事をしているため、同じOSにしたほうが使い勝手が良いと考えており、Windows2000以降はビジネス用途のProfessionalエディションを探して購入しています。ビジネス用途だと値段が結構高くなってしまうという懸念がありますが、実は中古ショップを探すとレンタルの返却品などが結構あり、お安く購入することが出来ます。しかも、信頼出来るショップであれば、保障もオプションなしでも1カ月、オプション付ければ6カ月から1年と付けることも出来、アフターサービスもしっかりしているお店があります。

その中古PCでのトラブルですが、今までは主にバッテリーなどの消耗品がへたってしまうことが多く、交換するというパターンでした。消耗品の場合、型番調べると結構ネットで安く取り寄せられました。また、バッテリーを送ると中身を入れ替えてくれるというサービスもあったりと消耗品であれば、トラブルの回避は簡単に出来ました。(交換などで多少の費用はかかってしまいますが。)

しかし、今のノートPCではちょっと経験したことがないトラブルが発生してしまいました。内容はというと、ある特定のキーボードの入力が出来なくなるというものです。具体的にいうと数字の6のキーが効かなくなってしまい、入力出来なくなってしまいました。最初のうちは何度か入力すると入力出来たので、しつこく叩いていましたが、そのうち本当にまったく効かなくなってしまい、対策としてローマ字で「roku」と入力して変換したりしていました。デスクトップのPCであれば、単純にキーボードを買い替えるだけで済む話ですが、ノートPCだとそうはいかず、どうしようと困っていました。ノートPCにUSBでキーボードつなげて使おうかなど色々と考えていました。

そして、色々と調べていたところ、ノートPCのキーボードが部品として売っていることを発見しました。(使っているPCはThinPadです。他のノートPCも同じように部品が流通しているかはちょっとわからないです。)また、交換方法をネットで調べたところ簡単で、キーボード全体を本体からそのまま外せて、本体との接続はコネクタでつながれているだけでした。なので、交換も本体から外したキーボードをコネクタから外し、新しいキーボードにつなげて、本体に戻すというとても単純な作業で、ものの5分から10分程度で出来てしまいました。これでキーボードも無事に復活して今は「roku」ではなく「6」を入力してしっかりと入力出来るようになりました。

このようにPCのトラブルにあった際に具体的な内容をgoogleなどの検索サイトに打つと、結構回避術が載っていることが多いです。同じようなトラブルにあう人は世の中結構いるんだと実感しました。

ただ、今回のようなトラブルの際に気をつけることが一点だけあります。ノートPCの場合、型番を間違うとまったくサイズなどが合わずに使いものにならないことが多いです。(デスクトップであれば、汎用品が多いために何とかなることが多いみたいですが。)もし、今回のようなトラブルで自分で部品交換する際は使っているノートPCの型番をくれぐれも間違わないように気をつけてください。

おすすめ記事

-パソコン