クレジット ローン

リボ払いの残高が溜まりすぎて困ったけど解決しました

■毎月の支払いが一定で便利なリボ払い

インターネットの通販は、買ったものを届けてくれるので頻繁に利用しています。一ヶ月あたり3~5万円ほども利用することもありますが、そのときの支払いはクレジットカードを利用するケースが多くなっています。以前は代金引換を利用していましたが、仕事である程度まとまった金額が振り込まれるようになってから、カード利用が多くなりました。

カードを利用すると、登録しているフリーメールに、カード会社から連絡が届くのですが、その際には毎回必ずリボ払いがおすすめされます。リボ払いというのは毎月の返済額を一定に保つことができて、どんなに買い物をしても毎月一定の支払額になるので、毎月お金を使う金額が限られている人にとっては、便利に使うことができる支払い方法なのです。

しかしこのリボ払いは、毎月のように合計の支払い残高に気をつけていないと大変なことになります。私の場合は毎月5万円以下の利用でしたが、リボ払いを確実に指定していたので、毎月2万5千円程度の支払いで一定していました。給与が少ないので助かっていましたが、当初はそれほどリボ払いについて気にかけていませんでした。

■恐怖のリボ払い

1年ほど経過して、ある日のことでした。「リボ払いに気をつけろ」という内容のブログ記事を、何気なく読んだのです。内容はリボ払いでのネット通販の利用をしすぎて、数百万円もの膨大な借金を抱えてしまって支払いが大変だというものでした。

そういえば自分もリボ払いを毎回やっていたけど、支払い残高はどのくらい溜まってるんだろうなと思って、カード会社のサイトにログインしてチェックしてみました。

するとどうでしょうか。残りの支払総額が20万円以上も溜まってるではないですか。これは要するに、20万円の借金を抱えているのと同じことです。リボ払いは毎月の返済額が少なくて助かるなーと思って、気軽にリボ払いを選択し続けていた結果が、20万円以上の借金ということになりました。

なんでこんなに増えたんだろうと考えてみると、まずリボ払いを選択すると、ひと月に仮に5万円利用したら、支払いが2万5千円ですから、残りの2万5千円が確実に後回しになります。さらにリボ払いを利用することで、利息がかなり付くことになります。リボ払いを1年近くも続けていくことで、支払い残高が20万円を超えてしまっていたというわけなのでした。

■リボ払いの残高を0にするまでの日々

さて、これは困りました。自分がリボを選択したことが原因であるから、自業自得とは言っても、今の給与額からすると20万円以上はかなりの痛手です。毎月の買い物はしなければいけないですし、リボの支払いは毎月のように迫られることになります。

どうしたものかと考えた結果は、単純に「今後はリボ払いを選択しない」ことに落ち着きました。何を買うにもリボ払いを選択しないというだけで、当然ながら支払い残高は毎月どんどん減っていきます。リボ払いについて調べると、一括支払いという方法もあることに気づきました。これは残りの残高が少なくなったら利用してもいいと考えましたが、今回は利用せずに返済を続けることにしました。

およそ1年間かけて残高を0まで戻すことができました。

ようやく無事にリボ地獄から逃れることができましたが、不思議な事にネット通販をするたびにリボ払いに変更するかと迫られるので、ついついリボで払ってもいいかなーなんて考えてしまうこともあるのです。少額だったら負担は少ないと考えられますから、確かに今後もリボ払いを選択することはあるのかもしれません。

ともかく今後は、リボ払いを利用する場合は数十万円も溜めないようにしていきたいと心に誓いました。

おすすめ記事

-クレジット, ローン