ローン 悩み・相談

妹にお金を貸してもらって、悩みが解決できました

私は、追突事故により、早急に車を買い替えるはめになった出来事がありました。

今までの人生の中で私自身が一番貧乏な時期だったせいもあり、その時が一番お金に困りました。真っ先に、車の事とお金をどうするかと言うことが頭の中を巡りました。

事故した車は、現金一括で買った車で、大切に最後まで乗り潰そうと決めていました。しかも、数か月前に初めての車検を受けたばかりで、まだ3年しか乗っていない車でした。「何でよりによって、車検受けたばかりでこんな目にあうんだろう」と、本当にショックでした。

幸い自分の体は大丈夫だったのですが、車は後ろからぶつけられ、反動でガードレールにぶつかり、フロント、サイド、バックともにボコボコの状態になってしまいました。素人の目から見ても、修理費用もかなりかかるだろうなと予想できました。

もちろん、完全に加害者が悪い事故だったので、全て加害者の方が支払ってくれると言うことになりました。そして、その後、修理費用が算出され、連絡がきたのですが、結構な金額でビックリしました。

私は今までその車で事故をしたことがありませんでした。しかし、この一瞬で事故車扱いになるのが嫌で、しかも今後下取り価格も下がるとディーラーに言われ、やむなく新しい車を購入することになりました。

とりあえず、その修理費用で軽自動車なら手が届きそうだったのですが、その時の自分は生活するだけで精一杯で、貯金も全くなかったし、ローンも組めるほど余裕がなかったので、どうしようかと悩みました。

こんなとき、親に借りられると良かったのですが、あいにく親も貧乏で、貸してほしいと言ったら何を言われるかわからない状況でした。かと言って、消費者金融から借りるのは怖くてできないし、悩みに悩んで、妹夫婦のところに相談を持ち掛けてみようと思いました。

後日、妹に電話をかけ、事情を話しました。そして「30万円を貸してほしい」と言いました。もちろん妹には旦那さんがいるので「旦那さんにも直接会って話がしたい」と頼みました。しかし、妹は「お金の話なんて、他人に話したくないでしょ。私の貯金から30万円貸してあげるよ。」と言ってくれました。また「姉ちゃんの返せるときに返してくれたらいいから、焦らなくていいからね。」と心良く引き受けてくれました。

確かに、妹からお金を借りたいなんて言ったら、旦那さんの気持ちはあまり良いものではないのは目に見えてわかるし、私も正直なところ、旦那さんに話をするのも気が引けていました。その時は本当に妹の気づかいが嬉しかったし、感謝の気持ちでいっぱいでした。

その後、再び車屋に行って、ディーラーと話し合いをし、軽自動車を購入する運びとなりました。そして、保険屋から降りてきた修理費用と妹から借りたお金で車を契約することができました。

急な出来事だったので、本当に慌てました。「妹がいなかったら、やむなく事故車になってしまった車に乗り続けなければならなかったんだろうなぁ」と、即座に動いてくれた妹には頭が上がりませんでした。

それから、無事契約が終わった旨を妹に連絡し、それからしばらくたって、新車が到着することになりました。

妹にはボーナス時期に利子付きでお金を返金しました。そして、お金を貸してくれたお礼に、外食でディナーをご馳走することになりました。

妹はもちろん謙遜していましたが、私の中ではこれくらいしないと気が済みませんでした。急な出来事で焦っていた時だからこそ、スムーズに解決できるよう協力してくれた妹の存在は大きかったです。姉妹とは故、お金の貸し借りのマナーは大切だと思っています。そして、自分もこれを機に、いつでも引き出せるくらいの貯金は貯めておかないといけないなと反省しました。

おすすめ記事

-ローン, 悩み・相談