ビジネス英会話 就職・転職

英語を使った仕事に就きたいと思っている方へ

英語を活かした仕事に就きたいと就職活動をされていた方の体験談がありますのでご紹介します。最後の本当に伝えたいことまで必ずお読みください。

 

就職活動

私は、高校、大学と英語を専攻してきました。きっかけは色々ありましたが、今まで意思疎通がかなわないと思っていた人たち、それも世界中の人たちと会話ができることが楽しかったのです。特にこれを就職のために活かそうというようなことは全く考えていなかったのですが、いざ就職の時期が近づいてくると、やはり自分の得意や好きを仕事にして生きていけるのは楽しいものだろうと思いました。だから自然と英語を使うような仕事に絞って就職活動をしていたのですが、これが意外と難しかったのです。

私と同じような思いをした人はいるでしょうか。英語を使う職を探しても、都会に住んでいないと大抵は海外転勤になってしまうという情報を得た人も多いと思うのです。私は好きな国はありますが、どこに飛ばされるかわからないような仕事は正直言って希望の職ではありませんでした。事情により地元に腰を据えての職を希望していたため、これを優先してしまうと英語を使う仕事なんてなかったのです。

貿易会社や物流会社も尋ねましたが、説明会で英語は必ずしも必要ではないと言っていました。これは学生たちを安心させるためでしょうけれど、私にとってはマイナスな情報でした。専門用語を少し覚えれば、あとは身ぶり手ぶりで伝わるよとか、内定後に研修で覚えられるよということを強調していました。また、英語を使うといいつつも、使うのはメールのやりとりだけというところが多かったです。それならば、決まったフォーマットに従えば、中学英語と専門用語を覚えれば誰にでもできるではないかと思いました。

 

妥協

となると、後は英会話教室くらいなものでしょう。地元という縛りがあると、いくら社会がグローバル化になってきているといえど、希望する仕事というのはとても少なくなります。さて、ここで私は人生で初めてといっても良い大きな妥協をすることとなります。教育業界へ参入し、会話ではないものの、受験英語を教えるという立場の仕事に就きました。文法という堅苦しいものではなく、フランクに会話することこそが外国語の楽しいところだと思うのですが、こればかりは文句を言っていられません。他の人と比べるといくらかは英語を使う毎日だったと思います。自分がネイティブから教えてもらいたかったのですが、今では自分が教える方となり、自分の英語力は伸びませんでした。

今までの進学では、自分のやりたいところを自由に選べ、もし落ちたとしてもそれは自分の勉強不足だという明確な原因がありました。しかし、仕事の面接で落ちるのは原因はわからないのが厄介です。今後それを直そうと思っても原因がわからないのではやりようがないですもんね。一生懸命探して英語が使える会社や部署を探しても、結局は英語ができるなら海外転勤がつきものです。ネットで調べるとそこまでが限界となってくるので、実情は面接まで行って確かめる他ありません。正直なところ、英語が就職するにおいて求められているかというと、そうでもないことを知りました。留学もそこまで強いカードにはなりえませんでした。

 

英語の仕事を探されている方へ

もしこれから英語に関する職を探そうとしている方がいるならば、ネットで情報が集まらないなら、ハローワークを活用することをオススメします。私と同じように地元に腰を据えたいのなら地元の情報がたくさんありますし、その中から英語を活かした仕事があれば職員さんがピックアップしてくれます。大抵は子ども英会話教室などに絞られるでしょう。就職では、一つを叶えるならその他は捨てなければならないシビアな世界だと知りました。そしてこれが働く上での当たり前であるとも知りました。やりたいことができるのは学生のうちという言葉がその時やっとわかったような気がします。

 

本当に伝えたいこと

この体験談を書かれた方には色々考えることがありました。

 

就職して会社員になるということは、「誰かに雇われて働く」ということです。

雇われるということは、その雇い主のルールに従うことになります。

ですから自分がやりたくないことや、やりたいことと違うことが出てくるのは当然です。

 

また、自分が教える側の立場だからこそ得ることのできる本当の学びがたくさんあります。

そして、「ネイティブから教わりながら教えたい」という希望を全て会社に押し付けるのは虫が良すぎるというものです。プライベートでネイティブから教わる時間を作って努力するからこそ自分の夢が叶っていくのです。

そして最後の「やりたいことができるのは学生のうち」というのは誰が教えた言葉でしょうか。こんなに悲しい言葉はありません。

思考停止状態に陥らないでください。

やりたいことをやれる生活を送れるようにするにはどうしたらいいのかを常に考えましょう。

おすすめ記事

-ビジネス英会話, 就職・転職