悩み・相談 電子書籍

電子書籍を購入したことによって本の悩みを解決しました

個人的に読書が趣味ということで、小説やエッセイから漫画まで、興味をもった本はなんでも購入して読んでいました。

次々に購入していくと本棚には本の置き場がないほどになり、新たに本棚を追加するということになりました。このままでは本の収納には限界があるということは、読書愛好家にとっては悩みの種になりました。

そこである時に、電子書籍を導入しました。生活のなかに電子書籍を取り入れることにより、部屋の状態の改善につながり、また効率的な本の管理ができるようになったと思います。

■電子書籍を購入するまでのイメージ

電子書籍を購入する以前は、本といえば紙の本があって然るべきという考え方を強く持っていました。紙の本というしっかりと形あるものを手に持って、ページをめくって読み、本棚に収納しておくという一連の動作にも意義があると考えていました。そして付箋紙にメモをして挟むという行動を好んでいた身としては、電子書籍ではそうした使い方は難しいと考えていました。

電子書籍とは、そもそも使いづらいものではないかというイメージがありました。小さな機械であり、画面が大きくないので文章や漫画は読みづらいのではないか、壊れたら購入したぶんがすべて無駄になるし、というふうなマイナスな考え方で支配されていたのです。

しかし電子書籍を購入してみてから、そうした従来の発想はがらっと変わりました。

■購入した後に持った印象

そうしたイメージは思い込みのほうが強かったと分かったのは、電子書籍を使い始めてからのことです。まず、本をどんなに購入しても部屋の中に本が増えることがない点は、大きな評価点になりました。これによって悩みはひとつ解消されることになりました。

電子書籍は壊れたらどうしようと考えていましたが、使う時に高いところから硬い床に落とすことがないよう注意を払っているので、いまだに壊れたことがありません。

■電子書籍に向いているのは文庫本と漫画

電子書籍リーダーで読む時、どんな種類の本が向いているかといえば、小説をはじめとする文庫本サイズの本、そして漫画でしょう。小説などの場合、画面が小さく感じるという問題は、それほど気にならないことがわかりました。文字サイズを調節できるということが第一の要因です。

そして画面の拡大縮小ができるという機能は、漫画を読むことに向いています。

紙の本の場合には本のコレクションをできるという楽しみが加わるし、電子書籍にはない情報が付加されていることがあります。この点は電子書籍より紙の本が優れているといえることでしょう。

そうした本棚の中での、形あるコレクションにこだわらないのであれば、電子書籍を積極的に利用してみていい場合が、小説などの文庫本、漫本です。

■電子書籍と紙の本を使い分ける生活

とは言っても大型の書籍だったり、どうしてもオリジナルサイズで見るべき書籍は存在しています。そうしたものを電子書籍で購入したら、明らかに見づらくなることは当然です。電子書籍を利用する場合と、紙の本を購入する場合は、時と場合で使い分けることによって問題を解決できます。

大型の書籍で最たるものは、辞書、地図帳、絵画集、雑誌のようなものです。辞書の場合はインターネット辞書でも良いのですが、紙の辞書はインターネット辞書にはないほど情報量があるし、紙の地図は手元にあってすぐに手にして見ることができる強みがあります。絵画は大型の本でみたほうが迫力があるし、そうした迫力は小さな電子書籍の画面では得難いものです。

大きな画面のものを小さい画面で拡大しながら閲覧というのは、使い勝手の上では使いにくいことは事実です。電子書籍と紙の本は、生活の中で互いの利点を強調する形で、共存することが望ましいのでしょう。

おすすめ記事

-悩み・相談, 電子書籍