出産・子育て 悩み・相談

妊娠中のひどい恥骨痛と体重激増の悩みを解決しました!

私が妊娠・出産で一番苦しかった悩みは、恥骨痛です。考えてみれば、妊娠中のマイナストラブルとは、つわりや腰痛、むくみなどが一般的で恥骨痛がこんなに痛くて苦しいものとは思ってもみませんでした。恥骨痛は妊娠後期に起こりやすい症状で、妊娠によるホルモンバランスの変化や骨盤のゆがみ、体重の増加などが原因とされています。私は妊娠後期にすでに15㎏も体重が増加していました。もともと痩せ型であったので、太り過ぎの妊婦という印象はありませんでしたが、体が常に重く、あらゆる部分が肥大し、妊娠線はお腹だけでなく、太ももやバストにもできていました。恥骨痛は朝起きたら突然生じました。ベッドから起き上がることができないほどの痛みでした。その痛みは一過性かと思っていたら、ズキズキと断続的に続き、寝返りをうったり、起き上がろうとしたり、歩き出そうとしたりと、体勢を変えようとすると悲鳴が上がるほどの痛みを伴いました。もちろん、日常生活にも影響を及ぼし、外出することはできませんでした。トイレは何とか1人でできましたが、お風呂などは助けがないと入れません。着替えができないのです。家事もろくにできず、痛みと戦いながら、家でじっとしているしかありませんでした。運動ができないため、体重はますます増え、精神的にも落ち込み、悪循環でした。産婦人科では、骨盤ベルトを処方されました。恥骨痛に特効薬はなく、妊娠中だけなので、出産すれば痛みはなくなるので、我慢するしかないとのことでした。骨盤ベルトをするといくらかましにはなりましたが、痛みは消えません。また太った体で、大きなお腹で骨盤ベルトをはめる作業も大変で、苦しかったです。

恥骨痛は出産するときまで続きました。予定日より一週間過ぎたころ、突然破水し、自然分娩にて出産となりました。恥骨痛の痛みは出産の痛みよりは軽いですが、痛みに苦しむ時間が違いました。出産後、恥骨痛は嘘のようになくなりました。これが一番びっくりしました。産後は会陰切開した痛みや後陣痛、あかちゃんのお世話で心身ともに全く余裕が持てず、恥骨痛のことなどすっかり忘れていました。気づいたら、全く痛くない!と驚きました。

体重は出産までに20㎏増えました。産科でも注意を受けましたが、幸い妊娠中毒症にもかからず、無事に出産に至りました。しかし、大変だったのが、産後ダイエットです。恥骨痛は自然におさまってくれたけれど、体重は自然に落ちることはありませんでした。もちろん、5~6㎏はすぐに落ちましたが、そこからがなかなか落ちないのです。産後ダイエットには苦労し、悩まされました。完全母乳で育てていたため、無理な食事制限はできませんでした。慣れない育児に、夜泣きに家事もしなければならず、毎日へとへとでした。疲れている分、余計に食欲がわいて、これまでにないくらい白米をたくさん食べていました。着られる洋服がなく、新しい服を買いに行ったときのことです。試着室で自分の姿を見て、改めてショックで泣けてきました。何を着ても似合わず、全くさまにならないのです。これじゃいけない!とここで本気でダイエットを決意しました。とにかく運動をしよう!と思いました。あかちゃんの首がすわり、ようやくお散歩に行けるようになったころだったので、ひたすらあかちゃんを抱っこして歩き続けました。また家の中では、赤ちゃんが寝ている間、いろいろな種類のダイエットDVDを購入して、実践しました。初めて一ヶ月ほどでやっと1㎏減りました。翌月から炭水化物を少し減らしました。今までご飯茶碗3杯は食べていたので、そこを1杯にし、間食やお菓子を控えるよう心がけました。すると、3㎏一気に減りだしたのです。そこから、順調に減り続け、1年かけてようやくもとの体重に戻すことができました。

妊娠、出産で私が一番悩んだ、恥骨痛と体重増加は今思い出しても本当に辛かったです。何よりすぐに通り過ぎるものではなく、長い間悩み、苦しめられた気がします。

おすすめ記事

-出産・子育て, 悩み・相談