美容・健康

深刻な便秘を解決するまでのとてつもなく長い道のり

便秘というとどういったイメージを持つでしょうか。おそらく女性がなる症状だと思う人が多いはずです。しかし現代においてはそれは間違っています。なぜかというと男性の便秘もどんどん増えてきているからです。私も地元の同級生の男友達数人と飲みに行った時に「最近出ないんだよなあ」などという悩みの話をしたことがあるぐらいです。この背景には野菜が苦手であったり運動不足な男性が増加し続けていることがあります。

またスーパー便秘などという病気まで出てきています。便秘の問題は現代の日本においては本当に緊急の課題なのです。

因みに私の場合は子供の頃は逆に出過ぎて仕方がありませんでした。このことでむしろ悩んでいました。子供の頃は大きい方でトイレに入ることが非常に恥ずかしいからです。場合によってはからかわれてしまうことさえあります。そのため必死に我慢してしまうことも多々ありました。そして最近になって知ったことなのですが、便意を我慢してしまうことも便秘の大きな要因の一つらしいのです。もしかしたら私の場合は、子供の頃の経験が悪い意味で現在に影響を及ぼしてしまっているのかもしれません。やはり行きたい時にしっかりと行かなければいけないのです。

因みに私の便秘の症状は具体的にどのような感じだったかというと、3日の間、出ないことは当たり前です。2日の間で出ただけで喜んでしまう自分がいました。また出そうな感覚になることは一日に何度もあるにも関わらず、トイレに入って便器に座ってみると出ないということも当たり前のように発生しています。そしてガスがひどく溜まります。ガスが原因で腹痛を起こしてしまったことも何度もありました。

そこでまずバナナと梅干しと野菜全般をとにかく毎日たくさん食べるようにしました。しかしこれでも症状は全く緩和されませんでした。便秘を解決するためには野菜を食べることが必須だという通説は何だったのかと疑心暗鬼に陥ってしまいました。

そこで主食をフルグラに変えるという強硬手段をとりました。さすがにここまでやれば治るだろうと思っていました。いわば遂に本気を出した状態でした。しかしここまでやっても効果はゼロでした。フルグラは大ヒット商品ではありますが、一方でフルグラに含まれる食物繊維など粉状にされてしまったものだから効果はないという口コミもありました。確かに以前に食物繊維のパウダーを飲んでいましたが、全く意味がなかったという経験をしていたことを思い出しました。

そんな私がようやく便秘を解決できたのは、毎日2回牛乳にきなこを加えたものを飲むようにしてからです。それからはなんと1日に1回はしっかり出るようになりました。確かに考えてみれば牛乳にはお腹が緩くなる作用があります。これを逆に活用して方法です。因みにそのままの牛乳の味があまり得意ではなかったため、くなこを入れて自分なりに飲みやすくしました。効果が大きいだけではなく、費用も安い材料しか使っていなくて安く済みます。しかも牛乳にきなこを加えるだけなので忙しく朝なも負担になりません。包丁とまな板も使わないため洗い物も減ります。

私の場合はきなこ入りの牛乳が効果がありましたが、便秘の症状は人それぞれだと思います。口コミでも同じ食品でも効果があった人となかった人に真っ二つにわかれます。そのため便秘を解決するために必要なことは、あれやこれやと色々な手法にチャレンジをして自分の症状に合った解決方法を見つけるということず。私は野菜を食べても全く意味がありませんでしたが、他の普通の人ならば野菜をたくさん食べれば解決できるかもしれません。

ただ相当深刻だった私の便秘が解決したことを踏まえると、きなこ牛乳にはすごい便秘解決パワーが秘められているのかもしれません。

おすすめ記事

-美容・健康