美容・健康

あまりにも辛かった奥歯の痛みを解決した体験談

健康な時は、どこも体に不具合や痛みがないことがどれだけ幸せかということがわからないものです。どこかおかしくなって初めて健康のありがたみがわかります。特に歯の痛みは辛いです。なぜかというと脳に近いからです。捻挫など以上に耐えられないほどに辛い痛みとなってしまいます。

私は半年程度前から右奥歯に痛みを感じることがぼちぼち出てきました。しかしいつも痛いわけではありません。グミなどの甘いものを食べた時に「ちょっと痛いなあ」と感じる程度です。

それからしばらくすると、今度は食後には必ず痛みが生じるようになりました。しかしすぐに歯をしっかり磨けばその痛みは引きました。この時は引っ越しにまとまったお金を使ってしまって金欠状態でした。そのため歯をすぐに磨けば痛みが引くならばわざわざ歯医者に行く必要性はないと判断しました。

しかしそれから更に2週間ほど経過すると、今度は食後に歯磨きをしても痛みが引かなくなりました。そこでバファリンを飲みました。それでも痛みは全く引きませんでした。それから半日ほど経つと、もはや耐えられないほどの痛みに発展してしまいました。ほっぺたに氷を当てていました。それでもどうにもなりません。

そこで家のすぐ近くの歯医者に駆け込みました。とりあえず痛みを止める応急処置を迅速に行ってくれたため、激痛は収まりました。

ただ親知らずが虫歯になってしまっていて、虫歯を取り除いてもまたすぐに同じような症状になる可能性が高いため、抜くしかないと言われました。そこで色々と調べてみると、親知らずを抜くことには激痛が伴うということがわかりました。痛いことが怖くて大嫌いな私は、何とか激痛を伴わないで親知らずを抜いてくれる歯医者はいないだろうかと調べました。

すると池袋にあるハルデンタルクリニックという所が、特殊な麻酔を使うためほとんど痛みが伴わないということを知りました。すぐにその歯医者の予約をとって、抜いてもらいました。私が調べた通り、痛みは皆無に等しいものでした。

つまり私は歯の激痛を、痛みを伴わない治療法で解決できたということです。

それからも何度か歯医者に通い続けていますが、私と同じく親知らずが虫歯になってしまって激痛に悩まされているという人を本当によく見ます。親知らずは口の中の一番奥にあるため、歯ブラシが届かなくて虫歯になりやすいようなのです。ただ日常生活において必要な歯ではないため、再び虫歯になることを防ぐために抜くことが一般的のようです。

そこで私の経験を通じて、親知らずを抜く時は東京に住んでいるならばハルデンタルクリニックにお願いするようアドバイスします。池袋だけではなく新宿にもあるため、東京に住んでいる人ならば大半の人が行きやすいです。そんなハルデンタルクリニックは、とにかく痛みを伴わないように全力を注いでくれます。最新式の麻酔も使ってくれます。他の歯石の除去などの簡単な治療の時とは違ってベテランの院長などが直々に抜いてくれる点も安心です。間違っても助手のような新人が手を施すようなことは一切ないです。とにかく安心です。私は抜いた時の感覚がわからないほどあっけなく簡単に抜いてもらうことができました。

しかも抜いて数時間後の麻酔が切れてきても大した痛みはありませんでした。先生の指示通りに鎮痛剤と消毒液でのうがいをしっかり行えば良いだけです。

また残念ながら虫歯は自然と治ってくれるということはありません。歯医者で治療をしなければどんどん悪化するだけです。そのためちょっと痛い時点ですぐに行かなければ、私のように激痛に苦しむだけです。どっちにしても行かなければならないので、絶対に早めに歯医者に行くことをオススメします。

おすすめ記事

-美容・健康