Apple スマホ

Apple製品の中で iPhone 6S Plusがわたしのおすすめ

わたしが、Apple製品でおすすめしたいのは、iPhone 6S Plus です。
http://www.apple.com/jp/iphone-6s/

もちろん、基本的にはiPhone 6S と Plus は、基本的には同じ性能です。

ですから、そのすばらしいデザイン、きわめて美しい写真が撮れるカメラ、簡単に指紋セキュリティ認証ができるTouch IDなど先進的な機能はどれも6Sも6S Plusも同じように堪能できます。

しかし、決定的に違うのがその画面サイズです。
もちろん、ボディサイズも全く違いますのでボディが大きすぎて扱いづらいのではないかと敬遠される方も多いかもしれません。

しかし、実際に触ってみると実はそれほど大きな違和感は感じないでしょう。
最近、若い方、特に女性の方は手帳型のカバーを付ける方が多いのでスマホは両手でもって操作する事が多いので大きさの差はそれほど気にならないでしょう。

それでも、やはり片手で操作するときにキーボードが打ちにくいのでは、という意見もよく耳にしますが、しかしそれもiPhone4Sや5Sなどと比べてしまうとiPhone6から大型化されたボディは実はただの6Sでも以外とキーボードが打ちにくいのです。

しかし、最近ではiPhoneでもサードパーティ製(Apple純正以外)のキーボードアプリも認可されるようになっているため大きさをカバーできるようなキーボードアプリも出ていますので、それらを使用することによって打ちにくさを軽減することは可能なのです。

ですから、ボディの大きさやキーボードの打ちにくさはそれほど6S Plusを選ぶ障害にはならないと思います。

一方、画面サイズについては長辺方向で2cm、短辺方向で1cmほどの違いなのですが、ピクセルで言うと6Sが1,334 X 750ピクセルに対して6S Plusが1,920 X 1,080ピクセルとなっているのです。

単純にこれらのピクセル数分だけホームページなどの表示料が多くなるという利点もありますが、その最大のメリットは画面が1,920 X 1,080ピクセル、つまりFull HDサイズと言うことなのです。

ですから、Full HDサイズのコンテンツをドットバイドット、拡縮なしでみることができるというわけです。

ですから、出先などで映画などをiPhone 6S Plusで見れば、その比較的に大きな画面で、さらにRetinaDisplayの高解像度にぴったりマッチしたコンテンツを非常に美しく見ることも可能なわけです。

iPhone 6S Plusは、数々の基本性能に加えて非常にバランスよく考えられたディスプレイによって最高にすすめなスマートフォンであるといえます。

余談となりますが、わたしは元々裸でiPhoneを使いたい派なので、手帳型カバーはあまり好みでは内のですが、iPhoneのボディの裏面にICカード読み取りエラー防止シートを貼り付けて、クリアケースとの間にSuicaを入れて定期券入れとしても活用して、電車の中でiPhoneと定期入れを出したり入れたりしなくて済むようにしております。

おすすめ記事

-Apple, スマホ