ガジェット

ワイヤレスマウスのメリットがこの価格で実現できる

http://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/wireless-mouse-m235r私のおすすめのマウスはロジクールのワイヤレスマウスM235r、これはM235の第二世代になります。第一世代と第二世代の相違点は後半で述べさせていただくつもりです。まず、ワイヤレスマウスのメリットは何だとお考えでしょうか。もし今、ワイヤードつまりケーブルがついているマウスをお使いの人は机の上でマウスを動かしてみてください。ケーブルが気になりませんか?そうです、マウスは机の上を上下左右に動き回っているのです。ケーブルが尻尾のようについていたら、気になりますよね。場合によっては、ケーブルがピンと伸びてしまって、マウスの位置を修正する場面というのがパソコン操作をしているときに頻繁に発生するものなのです。しかし、M235rはワイヤレスなのでそのようなことは起こらないのです。すごいと思いませんか。さらに、ロジクールのワイヤレスマウスのラインナップを見てみると、高いものは1万円以上するものもあります。何が値段の差になっているのでしょうか。ボタンの数です。値段の高いマウスは左にボタンが数個ついています。ブラウザの戻る進むやコピー貼り付けができる機能なのです。これはパソコンでどのような操作を行っているかによるのでしょうが、普通のデスクワークではそれほど必要なものではないと思います。CADなどで設計を行っていたとしても、ホイールをクリックしてマウスを上下に動かすことでオブジェクトを移動させたり、回転させたりする機能くらいで十分なのではないかと思います。つまり、左右クリックとホイールさえついていれば通常の作業には事足りるといっても過言ではありません。これらの基本機能だけしかないマウスですが、値段はお手ごろで実売価格だと1000円少々で購入できるのがM235rなのです。さらに、M235の第二世代つまりM235rはUNIFYにも対応しています。UNIFYというのはひとつのレシーバーで最大6個までのマウス、キーボードにつなぐことができる機能で、ワイヤレスキーボードを新たに追加することもできるのです。さらに、パソコン教室などではひとつのパソコンにマウスを2つつないで、ひとつのマウスをパソコン教室の先生が操作し、もうひとつのマウスをパソコン教室の生徒が操作するということも簡単に行うことができます。

おすすめ記事

-ガジェット