パソコン

大切なデータを誤って消去してしまったときに行うべきこと

パソコンに保存していた大切なデータを誤って消去してしまうことがあるかもしれません。そのようなときはインターネットの接続を遮断し、すぐにデータ復旧を行ってくれる業者にパソコンを持って行くようにします。インターネットの接続を遮断することは、データ復旧のキーポイントです。まず、消去されたデータはパソコンからすぐに消え去るわけではありません。アイコンなどがなくなり、画面上に表示できなくなることはあるものの、データそのものはパソコン内に残っています。
しかし消去されたデータは上書きされてもよいものとしてパソコンに認識されています。そのため新たなデータがパソコン内に入り込むことで消去されたデータが上書きされてしまうのです。このような状況が生じると消去されたデータは完全にパソコン内から消滅してしまいます。そのため誤ってデータを消去してしまった場合、新たなデータなどをダウンロードすることは絶対に避けなければなりません。しかし意図していなくても新たなファイルがダウンロードされてしまうことがあります。それはOSの更新プログラムなどです。
このようなプログラムのダウンロードも大変危険です。そのため大切なデータを誤って消去してしまった場合はすぐにインターネットをオフにするよう、心がけなければなりません。このようなことをきちんと行って専門家のところにパソコンを持って行けば、たいていのデータは復旧することができます。
これらのことをまとめると、まずパソコン上でいうデータの消去とはデータが上書きされることを許可するという指令であり、この時点でパソコンからデータがなくなることはありません。しかし新たなダウンロードファイルがパソコン内に取り込まれることで消去を選択したデータが上書きされてしまうことがあるために、インターネットの接続をオフにして更新プログラムなどが入り込まないようにしなければなりません。当然のことながらデータ復旧後はパソコンをインターネットに接続することができます。

おすすめ記事

-パソコン