ガジェット ソフト・アプリ パソコン

パソコンを高速化するUSBメモリの機能を使った裏技

パソコンは最初は動作が軽くても、ずっと使い続けているといろいろなファイルが溜まってきて、動作が重くなってしまうという傾向にあります。こういった場合はディスククリーンアップで不要なファイルを削除したり、デフラグでディスクを最適化して軽くするのが一般的になります。
あとは不要なプログラムを削除するといった方法もありますが、一体どれがいらないプログラムなのか一目で分からないので、うかつに消してしまうのは危険です。プログラム名で調べて、必要か否かをしっかりと確かめてから削除するのが良いでしょう。
他にパソコン初心者にはあまり知られていない方法にUSBメモリを利用した高速化の方法が存在します。USBメモリにはReadyBoostという機能がついており、この機能を利用することでパソコンの動作を速めることができるのです。このReadyBoost機能が有効になっているUSBメモリをパソコンに差し込むと、作業に必要なデータがハードディスクからUSBメモリに書き込まれます。そしてデータが必要になると、USBメモリからパソコンがデータを読み取るので動作が早くなるのです。
パソコンの作業というのはハードディスクからデータを読み出すことで行われます。しかしハードディスクの容量が少なくなってくると読み出すのに時間がかかります。そのためパソコンの動作が重くなるのです。ですがUSBメモリに必要なデータを移行することによって、ハードディスクからではなくUSBメモリから読み込むことになります。それによってハードディスクの容量の少なさが関係なくなり、速いパフォーマンスを維持できるのです。
やり方は簡単でUSBメモリを差込み、メモリのプロパティを表示して、ReadyBoostのタブをクリックします。するとReadyBoost専用にするといったチェック項目が現れるので、それにチェックを入れてOKを押すだけです。たったこれだけでパソコンの動作を高速化させることができます。ただしハードディスクにSSDが使用されている場合、ReadyBoostの機能を有効化することが出来ないので注意が必要です。

おすすめ記事

-ガジェット, ソフト・アプリ, パソコン