パソコン

マウスポインタは自分好みのデザインにできる

パソコンのマウスポインターは矢印のアイコンが基本です。ですが実はマウスポインターはデザインを変更することが可能なんです。コントロールパネルからハードウェアとサウンドを選択します。そしてマウスを右クリックし、プロパティを開きます。するとポインターというタブが出てくるのでクリックし、好きなデザインを選びます。デザインには恐竜や手、巨大な砂時計など様々にあります。あとは選んだデザインでOKをクリックすれば、完了です。
さらにデザインは既存のものだけでなく、自分の好きな画像を設定することも出来ます。画像ファイルを用意しておけば、オリジナルのマウスポインターを作ることもできるというわけです。一つ一つのマウスポインタそれぞれに違う画像を設定できるので、オリジナリティのあるものになります。
またマウスポインターに関する設定は他にもあります。速度の微調整や、見やすくするために影をつけたり、ポインタの精度を高めるチェックなど、様々です。
速度は自分が使いやすい範囲で微調整をしておけば良いと思います。一番速いとうまく操作が出来ない場合もありえるため、少し速いぐらいの設定がオススメです。
そしてマウスポインタに関するオプションの中でもボタンの上に自動的にポインタを移動させる機能は設定しておいたほうが便利です。ボタンの上にマウスポインタを移動させる必要がなくなるので、作業の効率が断然にアップします。さらにポインタを見失わないよう設定することも出来ます。Ctrlキーを押すとポインタの位置を表示するというチェック項目があるので、これにチェックを入れるだけです。
他にポインタの軌跡を表示するという項目があります。これはポインタに残像が表示されるので、見失わずに済むというものです。もし見失ってもCtrlキーを押せば、マウスポインタの場所が強調されます。
このようにマウスを便利に自分好みに変える設定は豊富に存在しているのです。

おすすめ記事

-パソコン