インテリア・雑貨

六角形の安眠枕の特徴や睡眠時の効果について

睡眠の時の寝具というものは非常に重要であり、枕や布団等に触れている時間は長いですから健康にも直結するものです。

枕は体に合ったものを使わないと、首や肩を痛める事にもなりますし、睡眠効率も枕によってかなり悪くなったりします。最近、形状が六角形の枕が話題になっており、安眠に関して研究開発を重ねた六角脳枕があります。

枕が古くなってきた事もあり、そろそろ枕を変更しようと感じていた時に、この六角脳枕を知り、レビュー評価等を見て興味を持ったのですが、購入の決め手としては、寝返りで横向けになったり上向きになる自身の特徴とこの枕の相性が合う事からです。

六角脳枕は側面から見るとデコボコのWの字のような形になっており、この溝部分が寝返りをしやすくして、呼吸をしやすくする事からも睡眠効率を高めてくれる期待が持てます。

寝返り時に頭や肩だけ移動するように促してくれるので、寝返りを打っても首や肩の緊張を和らげてくれるようになります。そのおかげで、辛い肩こり、首のこりが解消されました。

他の特徴としては適度な揺らぎを作る働きがあり、丁度電車に乗った時に揺れが心地よくて熟睡出来るような感覚であり、この揺れ効果が睡眠に入りやすくなるという効果があります。

この枕は冷却材によって頭を冷やして体を温める状態にする働きもあり、頭寒足熱という下半身を温めて頭を冷やす事で、血流循環の改善を促しますから、寝つきが良くなりますが、実際に後頭部を冷却材で冷やして眠ると睡眠効率が高まる実感を得られるものですが、それに近い感覚を得られるものです。

睡眠効率が悪くて寝起きでも疲れが溜まっているという方は、途中で目が醒めたり、呼吸が浅かったり血流が悪くなっている事が多いですから、このような安眠や睡眠効率を高める働きを持った枕を試してみると効果を実感出来る可能性が高いです。

睡眠効率が高まった実感は使ってみても解りますし、寝起きの疲労感が無くなって翌朝の目覚めが非常に良くなりましたから、睡眠を促して睡眠中のストレスも緩和してくれる工夫が詰まった枕でおすすめと言えます。

もちろん人体はそれぞれ特徴が違いますから、相性の問題もありますが、いずれにしても睡眠の導入時や就寝中の眠りを深くする工夫がされており、上手くハマれば優れた効果に期待出来るものです。

睡眠は体力回復だけではなく、神経修復やストレス発散、臓器の働きを良くする効果もありますから、質の良い睡眠が取れると快活に過ごせます。

六角脳枕はそうした睡眠をサポートする働きが詰まった枕です。

六角脳枕

おすすめ記事

-インテリア・雑貨