グルメ・食品

ガム界最強のコスパアイテム!コスパを考えたらガムは○○を買うのが一番

皆さんはガムを食べますか?

ガムをよく食べる人にとっては、そのコストは意外と馬鹿にできないのではないでしょうか?

そんな場合におすすめのアイテムがあるので紹介していきたいと思います。

 

家や職場で噛む用のガム

元々ガムというのは携帯して噛むようなものだったので、パックやセットで買うものではありませんでした。

ですが、最近では1パックで売られることも珍しくありません。

このボトルガムという形態は自宅や職場で何粒もガムを噛む人にとっては嬉しいものです。

ボトルガムは大容量の粒ガムを封入したもので外見はまるで薬局のボトルのようで、デザイン的にもすっきりしています。
そして、このボトルガムはコストパフォーマンス的に良い効果をもたらすのです。

 

コストパフォーマンスは?

塵も積もれば山となるといっても元々単価の低いものなので、そこまで劇的なコストパフォーマンスは期待できません。

そのため、同じ容量のガムを買った場合ボトルガムは数十円ほどの得にしかなりません。
ですが、これをどれだけ消費するかを考えるとコスパの重要性が分かります。
例えばボトルガムと普通のパッケージのガムで、100個あたり50円ほどの差が出るとしましょう。
このとき1日で100個食べてしまう人を考えると、1日で50円の差がでます。10日で500円、100日では5000円にも差が広がってしまいました。
つまり、ガムが大好物な人にとってはボトルガムはコスパに嬉しい形態となるのです。

 

食べ過ぎに注意

食べ過ぎでお腹が緩くなるかもキシリトール入りのガムは食べ過ぎると下痢になる、と言われています。

この点について触れておきましょう。
キシリトールというのは天然の甘味料なのですが、消化しにくい性質を持ちます。
腸へと到達すると消化しようとして水分を多量に分泌するのですが、これでお腹が緩くなってしまうのです。
個人差はあるのですが、一般的に一度に摂取してはならないとされている量は30gから40gとなっています。
これはこのボトルガムの1/3の量にあたるので、まず心配はありません。
ただ、極度に弱い体質の人などは食べ過ぎに注意しましょう。

 

ガムで簡単に気分転換

ガムは簡単に口内を清涼感で満たしてくれます。

また、噛むという動作をすることで唾液を分泌するので細菌の繁殖を防止することもできるのです。
ガムというのは手軽に口内のケアをすることができ、気分転換にも使える便利なアイテムと言えます。
ボトルガムのように大容量のものを1つ買っておくと、安心してガムを消費することができます。生活に取り入れると便利なものなのでおすすめできる商品です。

おすすめ記事

-グルメ・食品