グルメ・食品

カップヌードル?違いますスープヌードルです

カップヌードルは長い間親しまれてきたカップ麺です。
ですが今では製造元である日清からスープヌードルというものが発売されています。
これはとにかく安く、カップヌードル以上のコストパフォーマンスを発揮します。

■カップヌードルに似すぎている問題この商品が発売された当時「カップヌードル?あれ違う?」といった反応が沸き起こりました。

それもそのはず、パッケージデザインが酷似していたのです。
そしてまた、別メーカーから出ている偽物かと思ったら同じメーカーから出ているのでこれも混乱してしまいます。
何故このような商品を作ったのでしょうか。

■量を減らしたカップヌードルスープヌードルはスープ感覚でカップヌードルを実現したものです。

麺の量も具材も普通のカップヌードルとは異なりますが、スープ自体はカップヌードルと同じ仕様となっています。
つまり、ミニカップヌードルのスープを増した版と言うことができます。
そのため、普通のカップヌードルの量ではないのでお腹は膨れないはずです。
それなのになぜか満足してしまうのがこのスープヌードルなのです。

■心理的には同じ量実際に量が減っていても、見た目はそのままカップヌードルですし、スープの量は変わりません。

つまるところカップヌードルと同じ感覚で食べることができるのです。
少ない量で同じ感覚を得られるなら、それに越したことはありません。
そういった意味では特に女性におすすめできます。

■カレーは風味を豊かにする万能調味料カレーは風味の豊かな食品です。

数多くのスパイスは複雑な妙味を作るため、製品に大きな付加価値をつけることができます。
スープヌードルカレー味はそういった量の少なさを質でカバーすることに成功しています。
暖かいカレー味のスープをすするだけでも大きな満足感を得る事ができるでしょう。

■なによりコストパフォーマンスが凄い既存のカップヌードルに対してスープヌードルの価格は約半分となっています。

流石に量を減らしただけあって、その価格差は激しいものになったのです。
1年間食べ続けた場合のコストパフォーマンスは言うに及ばないでしょう。
カップヌードルを食べたいと思うのであれば、まずスープヌードルを検討するようにすると食費が抑えられます。

■食事の親友スープヌードル経済的に苦しい場合、今まではカップヌードルが食事の友でした。
ですがこれからはスープヌードルです。
これ以上に頼もしい相棒はいません。

おすすめ記事

-グルメ・食品