グルメ・食品

カントリーマアムはお菓子の王様【いつでもおいしい】

食べたことが無い人をみかけないお菓子の一つであるカントリーマアムはいつでも旨いお菓子です。

(まだ食べたことが無いなら今すぐお菓子売り場に突撃して下さい)

■味は甘いがもう1枚

味は確かに甘いです。

甘いものと言うのはいくつか食べたら飽きてしまって胸焼けさえ起こすものもあります。

ですが、カントリーマアムは何故か何枚でも食べることができ、そのうち空き袋の山ができてしまいます。

絶妙な飽きの来ないバランスの上で作られている製品なのです。

1枚食べたらもう1枚食べるのは自然の流れとなります。

■飽きの来ない構造

カントリーマアムは1984年発売とその歴史は浅いのですが、既に大ヒット商品として世の中に広まっています。

その理由はおいしいからなのですが、構造にも注目してみましょう。

カントリーマアムは外側が固めのクッキーで覆われ、中はしっとりと濡れています。

これはいわゆる「外はカリカリ中はしっとり」という黄金律を表現しているのです。

確かにカリカリ一辺倒、しっとり一辺倒では飽きるような気もします。

この二重構造こそカントリーマアムの素晴らしい点なのです。

■豊富なラインナップ

カントリーマアムには多くの種類があります。

基本となるのはやはりバニラ、それからココアです。

バニラ以外認めないという方も多くいると思いますが、他の味についても目を向けてみましょう。

・カフェラテ

・ティラミス

・クリスピー

・エスプレッソ

これらは一部ですがどうでしょうか。

おいしそうと思うのも無理はありません。

なぜならおいしいからです。

カントリーマアムにしたらおいしそうだなあ、というラインアップが既に色々とあるのです。

フルーツ系では「いちご」「マンゴープリン」「レモン」といったものがあります。

全部食べて味比べをしたいところです。

■どこでも売ってるカントリーマアム

カントリーマアムは手に入れやすいお菓子です。

大抵のスーパーであればまず間違い無く売っています。

改めて考えるとこれはすごいことです。

これほどのクオリィティのお菓子を自分で作ろうとしたら費用も時間も多くかかることでしょう。

そこには創作の喜びもありますが、数百円を支払えば購入できるカントリーマアムの手軽さは素晴らしいものです。

■やっぱりカントリーマアム

カントリーマアムは一つの安心感も与えてくれます。

これさえあればOKという感覚をもたらしてくれるのです。

もし実家に帰ったときにカントリーマアムがあれば「おっ」と言いながら食べるのではないでしょうか。

この素晴らしいお菓子カントリーマアムはおすすめの一品です。

おすすめ記事

-グルメ・食品