グルメ・食品 美容・健康

リンゴに隠された健康になれる驚きの効能とは

料理やデザートとしても人気があり国産ブランドの商品も昔から愛されているリンゴですが、1日1個食べるだけで医者要らずと言われるほど効能に優れ食料品としてのコスパも高いものがありますので紹介していきます。

主な効能としましては整腸作用やコレステロール値低下や血液をサラサラにしたり動脈硬化や老化の予防にも効果があります。
一般的な調理方法はリンゴを1個の皮を剥いて召し上がる事が普通ですが、実はこのリンゴ皮と果実の間に含まれた場所にペクチンやポリフェノールといった栄養素が多く含まれていますので皮ごとで丸ごと食べるのがおすすめの食べ方となります。

またリンゴには虫歯予防の効能もありアップルフェロンという栄養素が歯石の付着を抑制したり、血液中の酸素と結びつくヘモグロビンの量を増やす効果もありますので貧血予防にも最適となります。

心筋梗塞や脳卒中、糖尿病、動脈硬化や高血圧の予防とまさに医者いらずと言われる所以で現代社会の不規則な生活習慣が引き起こす様々な病気の予防に効果を発揮するのです。

次にリンゴのレシピや調理方法にも多くの種類がありますが、忙しい朝に摂取することで健康を維持できるものにリンゴヨーグルトがおすすめです。
また食パンに塗ってジャムとして摂取したりタルトやケーキなどのお子さんのおやつにもリンゴを使った料理は喜ばれる事間違いありません。
アップルパイや焼きリンゴ、ナムルなどこれら以外にも多くのレシピがリンゴにはありダイエット目的のためスムージーやジュースとしても美味しく召し上がる事ができます。

普段何気なく食卓に置いてあるリンゴですがこれだけの効能や効果を知って驚いた方も多くいらっしゃるのでないでしょうか。
果物の代表格としてリンゴが体にいい事は分かっていてもどのような効能があるかまでは分からない方も多いと思われますのでこの機会に積極的にリンゴを摂取される事をおすすめします。

よく目にするシーンに病室にお見舞いに行った際に籠に入った果物の詰め合わせやリンゴの皮を剥くシーンなどテレビやドラマでもよく目にしますが、実はこれは理に適った食べ方であり少しでも病気がよくなるための病院からは処方されないもう一つのお薬と捉えた方が良いかも知れません。それだけリンゴの効能が認められた証と言えるのではないでしょうか。

小さなお子さんから高齢者の方にもおすすめできるリンゴの効能や予防の効果を1日1個の皮付き丸ごとリンゴで実感されてみてはいかがでしょうか。

【商品URL】

おすすめ記事

-グルメ・食品, 美容・健康