グルメ・食品

あると便利な長期保存可能な森永の絹ごしとうふ

栄養価が高く美味しい豆腐ですが、スーパーなどに売られているお豆腐は日持ちしないという難点があります。

お豆腐とはそういうものと思っていましたが、日持ちもして尚且つ美味しいというお豆腐をみつけました。

それが「森永の絹ごしとうふ長期保存可能豆腐」です。

「開けたときが作りたての味」とパッケージに書かれているのが印象的なこの豆腐は森永乳業が宅配商品として展開しているお豆腐です。

牛乳製品を扱う森永乳業ならではのロングライフ製法により保存料や防腐剤を不使用のまま10ヶ月間作りたてのおいしさを味わえるとの事です。

また、遺伝子組換えなしの大豆を使っているので安心して食べれますし、特許製法により作ったお豆腐は大豆の旨味がギュッと濃縮されているような気がします。

更に要冷蔵ではありますが保存できる期間が長いというところも主婦にとっては嬉しく重宝する一つの要因となっているのではないでしょうか。

一般的に売っているお豆腐は賞味期限が短く、欲しい時に家の冷蔵庫になかったりする事もままあります。ですので、うちでは常時このお豆腐ばかりを食べるのではなく、スーパーでお豆腐を買い忘れた時や、急遽もう一品欲しくなった時などに使っています。

そういった使い方をするので、よく親類やお姑さやたちにもお土産として持って行きまが、いざという時の一品は誰から見ても使い勝手が良いようで喜ばれます。

特にご高齢の方の場合、長期保存ができるものにとても魅力を感じるようです。

しかしどんなに長期保存できても味が美味しくなければ喜ばないお姑さんや叔母です。そのお姑さんたちが喜んでいるのを見るとこのお豆腐をあげてよかったと思います。

冷奴や豆腐サラダ、他にも揚げだし豆腐などよく使いますが、滑らかな食感はドレッシングなどとも相性が良く沢山のバリエーションで食べることができます。

いざという時にはお鍋にもお味噌汁にも使っていますが、本来ならば絹ごし豆腐より木綿豆腐の方が適している事を思うと同じような長期保存型の森永の木綿豆腐などがあったらいいのになと思うこともあります。

栄養価の高いお豆腐を常備置いておくことができ、

お豆腐が入っている容器もブリック容器なので形が崩れにくいので便利な一品です。

一丁290gとお手頃サイズでの販売で1ケース6丁入りで税込939円ですので、一丁が156.5円の計算になります。

スーパーなどに売られているお豆腐からすると少々高く感じるかもしれませんが冷蔵庫に入っているととても安心できます。

この森永の絹ごしとうふはスーパーなどには売っておらず、以下のサイトにてお買い求めいただけます。

おすすめ記事

-グルメ・食品