グルメ・食品 料理

どんな料理もランクが上がる!一度使ったら虜になる「あごだしの素」

味噌汁を作るとき、毎回きちんと出汁なんて取ってられないよ、という方がほとんどですよね。
大体は昆布、煮干し、かつおのいずれか、またはそれらの合わせ出汁の素の顆粒タイプを使用しているんじゃないかと思います。

そこで是非おすすめしたいのが、広島県の三幸産業で製造されている「あごだしの素」です。
あごだしってあまりメジャーではなく、魚介系のラーメン屋さんのイメージが強いですよね。
魚臭いんじゃないかと思われがちですし、事実、適当に買ってみると魚臭すぎる商品に当たってしまうこともあります。
関西~九州地方では家庭でよく使われるようですが、関東、東北ではあまり馴染みがなく、あごだしにこだわる方は少ないと思います。

しかし、この「あごだしの素」に関しては、一度使うと前の出汁の素に戻れないくらいに料理がおいしくなるんです。
一番分かりやすいのが味噌汁で、同じ具、同じ味噌で作っても「あごだしの素」を使うだけで美味しさがワンランクアップするんです。
「牛肉やワインの味すら高くても安くても違いが分からないのに……」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、これに関しては誰でも「あ!美味しい!」と分かります。
安価ですし、醤油ベースのスープ、味噌汁どちらにも使えますので、かなり重宝します。

「あご」というのはトビウオの別名です。
語源の一説には「あごが落ちるほどおいしい」という言葉があるほど。
素材の味を引き立てるスッキリとした甘味と、カツオや昆布とは一味違う独自の繊細な旨味があります。
合わせ出汁にする場合、相性がいいのは昆布です。

お雑煮やうどん、おでん、和風の炒め物、出汁巻き卵、茶碗蒸しなんかも「一味違うな」とすぐに分かるほどです。
ある程度使ったら醤油を入れて出汁醤油にすることもできますし、ボトルが三角形でおしゃれです。
国産なので、安全でおいしいというのが何よりですね。
きのこの醤油汁や、ほうれん草と豆腐の味噌汁、わかめとネギの味噌汁など、誰にでも好まれる組み合わせに最強の力を発揮します。

難点としては、恐らく最寄りのお店にあまり流通していないこと。
土産屋や酒屋に置いてあることはありますが、メジャーなスーパーでは取り扱っていないことがあります。
とは言え、頑張ってお取り寄せしなければ手に入らない高級食材というほどではなく、Amazonや楽天等の通販でもたくさん取り扱っています。
実際に、ふと購入してみてその美味しさの虜になった方達が、味を忘れられずに通販で購入するというケースが多くあります。
それほどに料理を美味しくする「あごだしの素」一度試してみませんか?

おすすめ記事

-グルメ・食品, 料理