ガジェット

充電式乾電池EVOLTAと充電器のセットがおすすめ

乾電池は通常の生活では日常的に必要なものになりますが、充電式の単3電池と充電器が手元にあると、乾電池がなくて困ったという状況を回避することができます。
ぜひ手元に一式を置いてみることをおすすめします。
私が使っているのはパナソニックの充電式EVOLTA乾電池と、パナソニック充電器BQ-324形(単3・単4用)です。
商品の見た目は全体的に白い色を基調としています。
10センチ×6.5センチという大きさで、充電するときに場所をとりません。
充電池は単3と単4のタイプをいつも使いますが、この充電器では単3と単4の両方の電池の充電をすることができます。
単3なら一度に2本の充電ができ、単4の場合も同様に一度に2本充電ができます。
身近で充電式乾電池を利用する場面としては、コードレスマウスではいつも単3電池を使っています。
また、エアコンのリモコンの単4電池にも使用しています。
身近にある電池駆動の製品にはなんでも使っているといった感じになります。

充電は1時間程度でも、マウスを動かすだけなら全く問題ありません。
ただ完全な充電となると3~4時間は必要となって来るはずです。
充電をするためのプラグは折りたたみ式になっています。
充電池を所定の位置に取り付けてコンセントでつなぐと充電が始まります。
緑色のランプが点滅している時が充電中を示します。
ランプが点滅しなくなると、充電が完了していることを意味します。
充電時間は少し長いように感じられるかもしれませんが、複数の充電池を手元に置いておけばそれほど焦らなくても良い感じになります。
パナソニックのEVOLTAと充電器は、もう3年以上も使っていますが壊れる様子がなくずっと使い続けています。
充電器は中国製ということですが問題は出たことがありません。
長く使っていて、パナソニックの充電池も充電器も壊れにくいという印象は強いものになりました。
単3の充電池は2本で900円、充電器は単4とセットで980円という安さですから、一式を揃えることもかなり安い値段で可能になります。
4本を購入しても1,800円程度になります。
一度買うと長く使えるわけなので、コストパフォーマンスとしてはかなり高いということできます。
他の乾電池だと電力が弱まったら廃棄処分ということですが、EVOLTAの場合は捨てるという作業も必要がなくなります。
日常のゴミも減らすことができ、とてもエコな暮らしを意識していくことができます。

おすすめ記事

-ガジェット