美容・健康

DHCのリップクリームは価格以上の働きを見せてくれます

今回紹介するのは「DHC」から発売されている「薬用リップクリーム」です。

私の母親は、リップなんてどれも同じという人でしたので、こちらのリップクリームに出会うまでは、私は3本で120円くらいのリップクリームしか使ったことがありませんでした。

しかし、私も大人になるにつれて唇の乾燥が気になりだしました。

特に冬は唇の皮が剥けてしまうこともありました。

そこで格安リップからは卒業したのですが、なかなか自分に合うリップがなくて困っていました。

地元の化粧品売り場で相談すると、勧められたのがこのDHC薬用リップクリームでした。

[いやらしくないつけ心地]

地元の化粧品売り場では、1本600円くらいで売っていたのでとりあえず物は試しということで購入してみました。

私は買ったものはすぐに使いたい人なので、車内でパッケージを開けてさっそく唇に塗りました。

うん。ちょっと今まで使っていたリップクリームとは違った感じがしました。

今まで使っていた安いリップクリームは唇にのりを塗っていたような感じがしていたのですが、DHCの薬用リップクリームは唇にうっすらヴェールをかけてくれる感じです。

つけた後の唇との馴染み方が全然違うんです。

正直な所、この商品に出会うまでは。唇が変にベタベタするのが嫌であまりリップクリームを塗るのが好きではありませんでした。

しかしDHCのリップクリームはちっとも嫌な感じがしなく、気に入ってしまいました。

おそらく成分にある「オリーブバージンオイル」と「アロエエキス」がうまく機能しているのだと思います。

私の家では昔から火傷などにアロエの汁を当てていたので、やっぱりアロエってすごいんだなと思いました。

オリーブバージンオイルもオリーブオイルの中で上級に位置するオイルです。

[外装の嬉しい高級感]

こちらの商品は私だけでなく母も気に入っています。

理由としてはご高齢の女性の化粧ポーチに入っていてもさほど違和感のない高級感です。

ある程度お年を召されってくると、だんだん高校生が使っているようなプラスチックの容器を取り出して使うのが恥ずかしくなってきます。

DHCのリップクリームは外装にもこだわってくれているのが、この価格帯にはない魅力だと思います。

[数百円ではないクオリティ]

DHCの薬用リップクリームは、2016年1月14日時点でAmazonでの売り上げランキングが1位となっています。

更に、大手化粧品比較サイト@cosumeにおいても下記のような受賞を果たしています。

2008年@cosmeベストコスメ大賞 殿堂入り

2007年@cosmeベストコスメ大賞 リップケア部門 第1位

2006年@cosmeベストコスメ大賞 リップケア部門 第1位

2005年@cosmeベストコスメ大賞 リップケア部門 第3位

長らく愛され続けている商品というわけです。

公式通販サイトでは700円程度しますが、Amazonですと600円程度、地元のドンキでは500円で売っていました。

価格を見ると、そこまでお高いリップではないと思います。

1度試して見るには良いのではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか?

今まで1000円以上のリップや指にとって塗るタイプまでいろいろと試してみましたが、庶民が続けていける価格の商品で効果のあるものはこれしかないと思います。

(合わない体質の方は無理して使わないようにしてください。)

皆さんも1回500円程度ですので、試してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事

-美容・健康